AsahinetからSoftbank光に乗り換える

ASAHINET光からソフトバンク光に乗り換えるお得な方法

AsahiNet光は光コラボの中でもauのスマホとのセット割を適用できる光回線です。

でももしスマホをソフトバンクに変えるなら、ネットもソフトバンク光に変えてしまった方がお得になる可能性が高いです。

光回線の乗り換え方ってややこしそうで苦手と思っている人もいるかもしれませんね。

そこでここではAsahiNet光からソフトバンク光に乗り換える方法やその時の費用を負担せずに済む方法をわかりやすく解説していきます。

 

AsahiNet光からソフトバンク光に乗り換える方法は?

光回線を乗り換えると聞くと今使っている回線を解約して次の回線を新しく契約するというイメージがありますよね。

AsahiNet光とソフトバンク光はどちらもフレッツ光回線を利用した光コラボレーションなので、この場合事業者変更という手続きで家での工事無やネットが使えなくなる期間無しで乗り換えすることができるんですよ。

それではこの事業者変更について詳しい手順を見ていきましょう。

 

事業者変更で乗り換える場合の手順

AsahiNet光から事業者変更でソフトバンク光に乗り換える場合、手続きの流れはどうなるのでしょうか。

  • STEP.01
    AsahiNet光に事業者変更承諾番号を発行
    事業者変更承諾番号発行番号を発行してもらうにはカスタマーサービスに電話しないといけない業者が多い中、AsahiNetはWEBから申し込めるのも助かりますね。

    事業者変更承諾番号取得ASAHINET公式ページ

  • STEP.02
    ソフトバンク光に事業者変更を申し込む
    ASAHINETから事業者変更承諾番号を発行してもらってから、ソフトバンク光に事業者変更を申し込みます。
    事業者変更の申し込みもお得なソフトバンク光の取扱窓口を経由して申し込む事でキャッシュバック特典がございますので、公式サイトで申し込むよりもお得になっています。

    ソフトバンク光キャッシュバックの詳しい記事を見る

  • STEP.03
    開通後AsahiNet光の退会手続きをする
    一つだけ注意しないといけないのがソフトバンク光の開通後AsahiNetの退会手続きをしないといけないという点です。

    事業者変更するとAsahiNet光は何もしなくても解約になるのですが、この時点ではまだAsahiNetのIDが残った状態になっています。

    AsahiNetとの契約を完全に終了するためには退会手続きを自分でする必要があるので注意してくださいね。

    POINTここに本文AsahiNetのインターネット接続サービスAsahiNet光は解約になってもAsahiNetでアカウントが残る状態になります。

    退会手続きもAsahiNetの公式WEBサイトから可能ですよ。

    AsahiNetの退会公式サイト

  • STEP.04
  • STEP.05
  • STEP.06
  • STE
  • STEP.04レンタル機器の返却
    NTTと記載された機器以外をAsahiNetからレンタルしている場合には、機器の返却が必要になります。

このように立ち合い工事をする必要がなく、さらに光電話も自動的にそのまま受け継ぐことができるのが事業者変更の特徴になっています。

 

事業者変更で発生する可能性がある費用

事業者変更する場合契約内容によって下記の費用をAsahiNet光から請求される可能性があります。

事業者変更承諾番号発行手数料 2,000円

初期工事費を分割払いしている場合その残額全額 (最大18,000円を30回払い)

スタートキャンペーンの1年間継続利用の違約金

スタートキャンペーンは月額利用料の割引サービスで、これを適用した場合1年間の最低利用期間が設けられます。

1年以内にAsahiNet光を退会すると違約金がかかるのですが、1年以上利用してしまえばあとはいつ解約しても違約金がかからなくなりますよ。

注意

1年以内に解約した場合の違約金
AsahiNet光に新規で加入した場合:ファミリーコース20,000円 マンションコース15,000円

AsahiNet光に転用で加入した場合:ファミリーコース・マンションコース共に9,500円

AsahiNet光に事業者変更で加入した場合:ファミリーコース・マンションコース共に9,500円

auセット割の1年契約自動更新の違約金 9,500円

auセット割は1年ごとの自動契約更新になっていて、違約金がかからずに退会できるのは契約更新月だけいなっています。

auセット割の契約更新月はサービス開始から13か月目になり、その後1年ごとに更新されていきますよ。ですから違約金がかからない他退会のタイミングは1か月間だけしかないんですね。

スタートキャンペーンとauセット割についてはどちらか一つだけ利用できるようになっているため、違約金がかかる場合もどちらか1つだけになりますよ。

AsahiNetの場合解約手続きが月の前半ならその月に退会になりますが、後半になると次の月の末日で退会になってしまって1か月ズレることになるんです。

もし違約金を払いたくない場合は退会のタイミングには十分注意するようにしてくださいね。

 

事業者変更の費用負担について

初期費用の分割払いが終わって、なおかつ違約金がかからないタイミングで退会できればそれに越したことはないのですが、なかなかそんなに上手くいかないこともありますよね。

そんな時は諦めて請求された金額を払うしかないのでしょうか?

発生する費用や違約金は一旦は支払う必要がありますが、ソフトバンク光に乗り換えた場合はその費用が後から返ってくるんですよ。

ソフトバンク光は乗り換えで違約金、工事費残額、事業者変更承諾番号発行手数料でかかった費用を全額補償してくれるあんしん乗り換えキャンペーンを行っていますので、そのキャンペーンでかかった費用のほとんどが後から請求する事によって返ってくるのです。

手厚いキャンペーンがある為ソフトバンク光に乗り換える場合はあまり違約金などの費用について心配する必要はなかったりします。

ソフトバンク光安心乗り換えキャンペーンの記事を見る

さらに事業者変更をソフトバンク光には直接申し込まずに、ソフトバンク光の取扱代理店を経由して申し込むことで15,000円程度のキャッシュバックをもらえる可能性もあるので嬉しいですよね。

ソフトバンク光キャッシュバックの詳しい記事を見る

 

AsahiNet光とソフトバンク光の料金の比較

AsahiNet光とソフトバンク光は月々の使用料が違います。

そしてさらにスマホの割引サービスのシステムや割引になるスマホのキャリアも変わってくるんですよ。

ということでここでは両者の料金を比較しておきましょう。

まずはAsahiNet光の料金から見ていきます。

・ファミリーコース 基本料金 5,180円

・マンションコース 基本料金 4,080円

この基本料金にスタートキャンペーンを適用した場合は割引されてこちらの値段になります。

・ファミリーコース 4,380円から4,700円

・マンションコース 3,700円から3,800円

またもしauセット割を適用した場合は基本料金からauスマホのプランによって1,200円か500円が割引になりますよ。

もし光電話を契約する場合はネットの料金に500円のオプション料がプラスになりますね。

次にソフトバンク光の料金はどうなっているのでしょうか?

・ホームタイプ(2年自動更新契約) 5,200円

・マンションタイプ(2年自動更新契約) 3,800円

ソフトバンク光はネット料金の割引はないものの、もしおうち割光セットに申し込むとソフトバンクのスマホの料金がプランによって1,000円もしくは500円割引になります。

しかもこれは家族全員分のスマホの料金に適用されるんですよ。

家でソフトバンクのスマホを使っている人が多ければ多いほどどんどんお得になっていくんですね。

おうち割光セットを申し込むには、固定電話・光BBユニット・Wi-Fiマルチパックという3つのオプションに加入するのが条件になっているます。

でもこのオプションはまとめて500円と光電話だけ申し込むのと変わらない値段なんですよ。

基本料金にそこまで大きな違いのないAsahiNet光とソフトバンク光ですが、どちらがお得になるのかはauとソフトバンクどちらのスマホを使っているかにかかってきますね。

 

AsahiNet光のメールアドレスは使えなくなる

AsahiNet光を利用している方はAsahiNetの会員IDとメールアドレスをお持ちと思いますが、これは退会と同時に使えなくなってしまいます。

もともとAsahiNetのメールアドレスは使ってないという方にとっては何ともないかもしれませんが、メインで使っているという場合はいきなり使えなくなると困りますよね。

なので退会する前に徐々にフリーメールに移行していくなどの対策をしておくようにしましょう。

もしどうしてもメールアドレスを使い続けたいという場合は退会ではなくAsahiNet光を解約したうえで、メール/ブログコースに変更するという方法もありますよ。

メール/ブログコースは月300円でAsahiNetのメールアドレスとブログサービスだけを使うことができるサービスになっています。

 

AsahiNet光からソフトバンク光に乗り換える過去の方法とは

今でこそ事業者変更ができるものの2019年の7月まではAsahiNet光を退会してから新規でソフトバンク光に入会するしかありませんでした。

一旦解約して新たにソフトバンク光に新規で申し込む方法しかなかったのです。

固定電話の乗り換えやソフトバンク光の初期工事など立ち合いの工事をしないといけなかったり、電話番号が変わる可能性があったりとかなり面倒だったんです。

なにかの事情でAsahiNet光からソフトバンク光に乗り換える際に解約してから新たにソフトバンク光に加入する必要がある場合は以下を参考にして頂ければと思います。

注意

特別な事情がない限りは、キャッシュバックを考えると事業者変更で乗り換えた方がお得になっていますので注意してくださいね。

  • STEP.01
    光電話のアナログ戻し
    AsahiNet光の固定電話サービスを利用している場合NTTにアナログ戻しをしてもらう必要があります。
    AsahiNet光で光電話を使っていた場合ソフトバンク光でも同じ番号を使えるのは、その番号にNTTの加入権がありアナログ戻しできる場合だけです。
    解約新規で乗り換える場合、AsahiNetの利用開始と同時にAsahiNetから発番された光電話専用の電話番号の場合は電話番号をソフトバンク光に引き継ぐことができません。
    AsahiNet光発番の電話番号をソフトバンク光に引き継ぐ方法は先にお伝えしました事業者変更により可能となっています。
  • STEP.02
    AsahiNet光を退会する
    光電話のアナログ戻しが完了した時点でAsahiNet、AsahiNet光を退会解約します。
  • STEP.03
    ソフトバンク光に申し込む
    ソフトバンク光に申し込みます。
    AsahiNet光からソフトバンク光に解約新規で乗り換える最大の利点ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンに期待して解約新規の乗り換えを行いますので、ソフトバンク光の申し込み先には細心の注意をはらって申し込む必要があります。
    特に悪質な代理店などから申し込んだ場合は最悪キャッシュバックがもらえません。当サイトにもキャッシュバックがもらえなかったといった情報が多数寄せられています。
    ソフトバンク光の申し込み先は信頼できる代理店からの申し込みが安心です。

    ソフトバンク光キャッシュバックの詳しい記事を見る

  • STEP.04
    ソフトバンク光初期開通工事
    AsahiNet光の撤去工事とソフトバンク光の開通工事の2回の工事が必要となる場合もありますが、AsahiNet光の解約時にソフトバンク光を導入予定であることを伝える事で、撤去日と開通工事日をNTT側でうまく調整してもらえる場合があります。
    同時に工事を行ってもらう事で、電話の不通状態やインターネットが使えなくなる期間を最小限に抑える事も可能です。
    またソフトバンク光の方で開通までWiFiルーターを無料で貸し出してくれるサービスもありますのでそちらを利用するのも良いでしょう。
  • STEP.05
    光BBユニットを申し込む場合
    IPV6IPoEの高速通信を可能にするために必須の光BBユニットですが、レンタル利用する場合は、開通工事日前にソフトバンク光より送られてきます。
    接続には少々不安かもしれませんが、ソフトバンク光の専用WEBサイトに掲載されていますので、安心です。
    私も自分で取付する事ができました。
  • STEP.06
  • STEP.0
  • STEP.06レンタル機器がある場合は返却
    NTT以外のAsahiNet光からレンタルしている機器があれば、返却の必要があります。

AsahiNet光で光電話を使っていた場合ソフトバンク光でも同じ番号を使えるのは、その番号が元々NTTで発行されたものである場合だけです。

もしAsahiNet光に番号を発行(光発番)してもらったならアナログ戻しができないので、AsahiNet光を解約・退会した時点でその番号は失効してしまうので気を付けてくださいね。

事業者変更ならAsahiNet光に発行してもらった番号でも番号ポータビリティで引き継ぎ可能です。

 

解約新規で乗り換えるとあんしん乗り換えキャンペーンが使えない

この手順を踏む場合もAsahiNet光を違約金や工事費残額がかからないタイミングで上手く退会できないことだってもちろんあるでしょう。

でもこの場合はソフトバンク光に申し込む時点ですでにAsahiNet光を解約してしまっているため、あんしん乗り換えキャンペーンの対象外になるのです。

違約金などの退会に伴ってかかる費用はソフトバンク光の代理店からもらえるキャッシュバックで補填することになりますよ。

代理店から新規にソフトバンク光を申し込んだ時にもらえるキャッシュバックは最高で35,000円くらいになるので、事業者変更の15,000円よりかなりお得です。

違約金や工事費の残額くらいならなんとか代理店で申し込んでもらえるキャッシュバックでカバーできるんですね。

 

解約新規で発生する費用

もしかしたらこんなにキャッシュバックがもらえるなら事業者変更より解約新規で乗り換えた方がお得じゃないの?と思った方もいるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

事業者変更でなく解約新規でAsahiNet光からソフトバンク光に乗り換えた場合、

2,000円から13,000円のアナログ工事の費用

最高24,000円のソフトバンク光の初期工事費用

がかかってしまうので、例え代理店のキャッシュバックが多くもらえたとしても結局損になってしまうことがほとんどなんですね。

事業者変更だとアナログ戻しや初期工事費はかかりませんし、さらに電話番号をほぼ確実に引き継ぐことが出来て自宅での工事もいらないとてもお手軽な乗り換え方法です。

もともとそれまでかなり手間がかかっていた光コラボ同士の乗り換えをスムーズにするためにできた制度なので、やはりAsahiNet光からソフトバンク光の乗り換えには事業者変更を選ぶほうが便利ですよ。

注意

解約新規でAsahiNet光からソフトバンク光に乗り換えると、キャッシュバックは大きくなってもそれ以上に費用がかかることがあり特別な事情がない場合はお得とは言えない乗り換え方法です。

 

AsahiNet光を解約してソフトバンク光に乗り換える方法まとめ

AsahiNet光は違約金などがかからないタイミングで退会するのがそんなに難しくないですね。

それでももし退会に費用がかかってしまうとしても事業者変更で乗り換えるとあんしん乗り換えキャンペーンや代理店のキャッシュバックに申し込むことで、それを相殺してしまえますよ。

そのうえ手続きが簡単で電話番号が変わる心配もないので、乗り換えに対する不安や心配は少ないのではないでしょうか。

特にソフトバンクのスマホを利用しているならAsahiNet光からソフトバンク光に乗り換えてしまう方がずっとお得です。

どちらの場合でもソフトバンク光の申し込み窓口を間違えないことが肝心です。

ソフトバンク光キャッシュバック比較


    こちらのページを参照して頂きましてありがとうございます。
    あなたが必要としている情報は見つかりましたか?

    必要な情報を取得できた 必要としているいる情報が無かった どちらとも言えない その他 


    お寄せいただいた情報をもとにページの改善に取り組んでいます。

    返信が必要なお問い合わせはこちら

    This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy andTerms of Service apply.