ソフトバンク光プロバイダ

ソフトバンク光はどこのプロバイダ?変更方法を詳しく解説

フレッツ光やauひかりのように自分で好きなプロバイダを選ぶ光回線に慣れていると、ソフトバンク光の申し込みでなぜプロバイダを選ぶ必要がないのか不思議に感じるかもしれません。

もちろんソフトバンク光にも何らかのプロバイダがあるはずなのですが、公式HPをみてみてもはっきりわかりませんよね。

そこでこちらの記事ではソフトバンク光のプロバイダについて詳しく解説していきますよ。

 

ソフトバンク光のプロバイダはYahoo!BB

なぜソフトバンク光に加入する時にプロバイダを選ぶという作業がないのか。

それはソフトバンク光のプロバイダはYahoo!BBというふうに最初から決まっているからなんですよ。

ソフトバンク光はフレッツ光の回線を利用している光コラボの一つです。

光コラボというとSo-net光やビッグローブ光のようにフレッツ光のプロバイダが打ち出している回線とプロバイダの一体型サービスですよね。

ソフトバンク光のプロバイダがなぜわかりにくいのかと言うとソフトバンクとYahoo!BBの名前が違うからなんですが、Yahoo!はソフトバンクの子会社です。

なので同一の会社で行うプロバイダ一体化サービスと同じことなんですね。

 

ソフトバンク光のプロバイダは変更できる?

ソフトバンク光の契約時にプロバイダをYahoo!BB以外にすることはできません。

契約中にプロバイダだけ他のプロバイダに変更することもできません。

ソフトバンク光を契約すると同時にプロバイダとしてYahoo!BBを利用することになるのです。

Info

ソフトバンク光はプロバイダ一体型サービスの為途中で変更する事やプロバイダを自由に選ぶことも出来ません。

 

プロバイダの役割とは?

そもそもプロバイダの役割って一体何なのかよくわからないという方もいるかもしれません。

ソフトバンク光に申し込むとまず自宅にフレッツ光の回線を引きこむ工事をしますよね。

ただ回線引いた=インターネットが繋がったというわけではないんです。

インターネットを使うためにはプロバイダに自宅まで来た回線にインターネットサービスを供給してもらわないといけないんです。

回線が水路でそこに水(インターネット)を流すのがプロバイダと考えていただけるとわかりやすいのではないかと思います。

なのでインターネットを使うためには必ず回線とプロバイダの2つが必要になるんですね。

 

ソフトバンク光の料金とプロバイダ料

光回線によっては回線使用料とは別にプロバイダにも毎月料金を支払うというシステムをとっているところもあります。

でもソフトバンク光はプロバイダであるYahoo!BBが一体になったサービスなので、別途プロバイダ料を支払う必要はないんです。

ソフトバンク光の月額使用料 = 回線使用料 + プロバイダ料

になっているんですね。

ソフトバンク光の月額料金はプロバイダ料も込み込みで速度1Gのプランの2年自動更新契約で以下の様になっています。

ファミリータイプ 5,200円

マンションタイプ 3,800円

 

ソフトバンク光が遅いと感じたら光BBユニット

プロバイダを変更したくなる理由で一番多いのが接続速度が遅いからなのではないでしょうか。

ソフトバンク光でネットが遅いと感じたら、プロバイダのYahoo!BBのせいなのでは?と思ってしまうかもしれませんね。

でもソフトバンク光で思ったような接続速度が出ない原因で一番に考えられるのが、光BBユニットをレンタルしていないということです。

ソフトバンク光BBユニット

光BBユニットを使うと混雑しがちな従来のIPv4という接続方式ではなく、次世代のIPv6高速ハイブリッドを利用してネットに接続することができるんですね。

ソフトバンク光の速度に不満で光BBユニットをレンタルしていないという方は、まずはレンタルに申し込むようにしてください。

ソフトバンク光が遅いといった状況は既に一昔前の話になっているのです。

 

光BBユニットのレンタル料金

光BBユニットのレンタル料金は467円/月となっています。

こちらの光BBユニットレンタルはおうち割光セット(スマホセット割引)を利用する為の必須条件ともなっているのです。

例えばあなた1人でソフトバンクのスマホ料金を1,000円割引(プランによっては500円)してもらうために光BBユニットが内包されたオプションパック500円/月に申し込む場合スマホ料金の割引が最高でも差し引き500円、プランによっては0円となってしまう事態が発生します。

上記のことからどこかのサイトではソフトバンク光をこき下ろしたいが為におうち割光セットは全く持って意味がないなんて書かれ方もしてますが、以下の全ての条件を満たした場合だけ意味がなくなります。

ソフトバンク光の通信速度は遅くても問題ない(夜はYoutubeで止まる可能性大)

おうち割光セットはスマホのプランから割引額が500円又は0円になってしまう

ソフトバンク光、ソフトバンクスマホの利用者はあなた1人だけ

一つでも条件に当てはまっていないなら光BBユニット467円/月、もしくは内包されたオプションパック500円/月の申し込みがオトクにもなり、又高速通信を行う為には隠れた必須条件とも言えるのです。

少し話がそれていますが、光BBユニットはソフトバンク光で複数のサービスと複雑に絡み合ってとても重要な部分である為、詳しくご紹介させていただきました。

 

ソフトバンク光のプロバイダYahoo!BBのサービスについて

プロバイダは各社独自で色々なサービスを打ち出していています。

ソフトバンク光に申し込むならプロバイダであるYahoo!BBのサービスについても気になりますね。

ここではYahoo!BBのメリットや特徴などを紹介していきますよ。

 

Yahoo!のサービスをお得に使えるメリットがある

プロバイダでYahoo!BBを利用するメリットはYahoo!の人気サービスがよりお得に利用できるYahoo!BB基本サービスというオプションに加入することができることです。

Yahoo!BB基本サービスには以下の2種類のプランがあります。

スタンダード 月額料金300円

プレミアム 月額料金550円

Yahoo!BBサービス内容スタンダードプレミアム未加入
Yahoo!メールの容量無制限無制限10GB
Yahoo!ショッピング
PayPayモール
Tポイント還元率
1%+9%1%
Yahoo!かんたん
バックアップの容量
50GB無制限5GB
ebookjapanで漫画を
購入した場合の
Tポイント還元率
0% 最大20%0%
お買いものあんしん補償一部補償全部保証無し
ヤフオク!の出品手数料落札価格の10%落札価格の8.8%落札価格の10%
バスケットLIVE
パ・リーグLIVE
利用不可見放題利用不可

ヤフオク!やYahoo!ショッピングなどYahoo!のサービスをよく利用する方にとっては、加入しておくとお得といえますね。

 

ソフトバンク光には基本メールアドレスがない

他の光回線(プロバイダ)と契約すると会員用のメールアドレスがもらえることが多いですがソフトバンク光にはこのサービスがなく、Yahoo!BB基本サービスに加入した場合だけ会員用のメールアドレスが発行されるようになっています。

どうしてもメールアドレスが必要な場合はYahoo!のフリーメールなどで自分でメールアドレスをつくるようにしてくださいね。

Yahoo!BB基本サービスの会員専用のメールアドレスは"~@ybb.ne.jp"となり、Yahoo!のフリーメールのアドレスは"~@yahoo.co.jp"となっていますよ。

memo

ソフトバンク光の契約ではメールアドレスは付与されません。

重要な連絡事項は登録時のスマホ電話番号宛にSMSで発信されます。

スマホの電話番号が無い場合は連絡用のメールアドレスとして利用中のメールアドレスを設定するか、申し込み前に事前にYahoo!のフリーメールアドレスを作成しておくと良いかもしれません。

 

乗り換え前のプロバイダ契約に関する注意点

現在使っている光回線で自分で選択したプロバイダを使っているという場合、ソフトバンク光に乗り換えるなら今使っていプロバイダをどうすればいいのかその扱いに悩むかもしれません。

ここではソフトバンク光に乗り換える場合のプロバイダに関する注意点を紹介しますよ。

 

プロバイダ一体型以外は個別で解約が必要

ソフトバンク光に乗り換えると自動的にYahoo!BBをプロバイダに利用するということになります。

プロバイダを選べるタイプの光回線の乗り換えでは、乗り換え前と乗り換え後に同じプロバイダを利用する場合プロバイダは解約しなくていいこともあります。

でもソフトバンク光に乗り換える場合は、現在プロバイダにYahoo!BBを使っていない限りそれは無理ですよね。

なので前の回線を解約するのと一緒に必ずプロバイダも解約するようにしてください。

回線だけ解約してプロバイダの契約はそのままにしておくと、使っていないプロバイダ料を毎月払い続けることになってしまうので注意してくださいね。

 

プロバイダを解約する時の注意点

プロバイダを解約すると当たり前ですがそのプロバイダから提供されていたサービスが使えなくなってしまいます。

プロバイダのサービスには

会員用メールアドレス

ブログサービス

セキュリティサービス

などがあるのですが、一番困るのはメールアドレスが使えなくなることなのではないでしょうか。

多くのプロバイダでメールアドレスだけを残せる月額300円前後のプランを用意してくれているので、どうしてもそのアドレスが必要な場合は利用することを検討してみてください。

もしメールアドレスが変わっても大丈夫なら新しく無料のフリーメールをつくってしまう方が余計な費用がかからず良いかもしれませんよ。

 

プロバイダの解約でも違約金が発生することが

光回線の解約ほど高額ではないものの、プロバイダの解約でも違約金が発生することがあります。

特に契約してすぐ解約する場合は違約金を請求される可能性が高くなります。

違約金の有無を確認したい場合は現在ご利用中のプロバイダのカスタマーサービスに問い合わせてみてくださいね。

もし違約金が発生してもソフトバンク光に乗り換えるなら心配ありません。

あんしん乗り換えキャンペーンを利用することで、乗り換えに伴う違約金を全額補償してもらえます。

また代理店から申し込むことでこれとは別に最大33,000円前後のキャッシュバックまでもらえる可能性がありますよ。

ソフトバンク光への乗り換えでは乗り換え前の回線で発生する違約金等を最大10万円まで還元してもらえますので、違約金に悩む必要は無くなります。

ソフトバンクあんしん乗り換えキャンペーンは以下の記事で詳しくお伝えしていますので参考にして頂ければと思います。

 

まとめ

これまでずっと光回線とプロバイダを別々に契約するのが当たり前と思っていた方にとっては不思議な感じかもしれませんが、ソフトバンク光のプロバイダはYahoo!BBだけで分けることのできない一体型のサービスになっています。

自由にプロバイダを選べない代わりに同じ回線を使うフレッツ光と比べると料金はお得になっていますよ。

Yahoo!BBは知名度も実績もある信頼できるプロバイダなので安心してくださいね。

ソフトバンク光に乗り換える時にはそれまで使っていたプロバイダを解約しておくことを忘れないようにしてください。


こちらのページを参照して頂きましてありがとうございます。
あなたが必要としている情報は見つかりましたか?

必要な情報を取得できた 必要としているいる情報が無かった どちらとも言えない その他 


お寄せいただいた情報をもとにページの改善に取り組んでいます。

返信が必要なお問い合わせはこちら

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy andTerms of Service apply.