ソフトバンク光転用

ソフトバンク光にフレッツ光から転用する方法と後戻り出来ない注意点

2018年10月9日

フレッツ光からソフトバンク光に転用で乗り換え、申し込みを考えているけど、とりあず何から初めて良いかわからない場合に転用方法や注意点を詳しく解説していますので、参考にして頂けたらと思います。

ソフトバンク光に転用するとは

なんかソフトバンク光に乗り換えるのはわかるけど転用?なにそれみたいな感じの方もいらっしゃるかもしれません。乗り換えるんだから乗り換えでいいじゃんってなりますよね。

そうなのです転用も乗り換えですから乗り換えで良いのですが、光コラボレーションに関しましては転用といったワードが良く使われます。

光コラボレーションとはソフトバンク光やビッグローブ光などのNTT東日本西日本のフレッツ光回線の提供を各事業者(ソフトバンク光、ビッグローブ光)が受けて独自のサービスを付加して販売する新しいサービスなんです。といっても私もさっぱりなんのこと?ってなります。

分かりやすく言えばNTTがフレッツ光の光回線貸し出すからおまえらもっと契約伸ばして来いよ!といったシステムです。

ちょっと掘り下げすぎて脱線気味ですが、フレッツ光の機材そのまま転用出来るからフレッツ光からの光コラボレーション(ソフトバンク光)への乗り換えの場合は転用と呼ばれているのです。

つまりauひかり等のフレッツ光以外の光回線からソフトバンク光に乗り換える場合は転用ではなく乗り換えとなりますね。

フレッツ光から光コラボレーションに乗り換える場合を限定して転用となるわけです。

もう何が何だか転用わんやです。。。。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

ソフトバンク光に転用で乗り換える

現在フレッツ光を利用していてソフトバンク光に乗り換える。具体的な転用の方法をお伝えします。

先ずはNTTより転用承諾番号を取得する必要があります。フレッツ光から光コラボレーションに移行する為に必要な引継ぎ番号です。

転用承諾番号の取得方法

NTT東日本エリア

WEBで転用番号を取得】 https://flets.com/app4/input/index/

WEB受付時間8時30分~22時

電話で転用番号を取得】 0120-140-202

電話受付時間】 9時~17時 土日・祝日も受付(年末年始を除く)

NTT西日本エリア

WEBで転用番号を取得】 https://flets-w.com/collabo/

WEB受付時間8時30分~22時

電話で転用番号を取得】 0120-553-104

電話受付時間】 9時~17時 土日・祝日も受付(年末年始を除く)

管轄のNTTのWEBサイトか電話で転用承諾番号を取得する事ができます。

その際に以下を準備しておくことでスムーズに手続きができます。

  • NTTフレッツ光のお客様ID (CAF****** 等の文字列)
  • 回線契約者名
  • 回線設置場所住所
  • フレッツ光の料金支払い方法(クレジットカードや口座振替等)

WEBでの申し込みにはメールアドレスが必要となり、転用承諾番号は画面上の表示だけになりますので、必ずメモを取っておくようにしましょう。後で確認する手段がありません。

電話で転用承諾番号を取得する場合は上記の事項をオペレーターの質問に合わせ回答していくだけです。転用承諾番号自体はメモが必要です。

お客様IDや契約情報とかそんなの時間がたちすぎてわかんねーって場合は契約内容の確認書類を再発行してもらってから転用承諾番号を取得すると良いでしょう。

契約内容の確認先
NTT東日本 0120-116-116
受付時間:午前9時~午後5時
土日・祝日も営業(年末年始を除きます)

契約内容の確認先
NTT西日本 0800-2002116
受付時間:午前9時~午後5時
土日・祝日も営業(年末年始を除きます)

転用承諾番号が取得できなかった

こんなことがあります。お客様の契約は既に光コラボレーションです!なんて言われることがあります。この場合転用番号は取得できません。

まったく身に覚えが無いのにこういった事を言われる場合は、光コラボレーション開始当初に結構強引な勧誘が横行していました。

電話勧誘業者や訪問販売者の悪質な手法で、NTTを名乗り、肝心な説明抜きで
【今までと全く同じで料金が安くなって請求もまとまりますからお得ですよ!手続きしませんか?】
みたいな商品名も告げず、こんな誘いに乗ったことはありませんか?

勝手に光コラボレーションに移行されてしまっています。

この場合その旨をNTTに伝えると対処してくれる場合もありますので相談が必要です。

キャッシュバックがお得な代理店から転用で申し込む

転用承諾番号が取得できましたら、ソフトバンク光に申し込みですが、特に代理店から申し込む事が絶対ではありません。あなたの都合に合った方法で申し込むと良いでしょう。

代理店で申し込む事が可能な場合は転用でもキャッシュバックが貰えますのでお得ですよって話です。こちらのサイトでも優良代理店を比較して紹介していますので、可能な場合は参考にしてみてください。

当サイトで紹介している代理店であれば大体どこでもキャッシュバックが必ず受け取れますから安心して申し込むことができます。もしあなたが申し込もうと思っている代理店が一覧に載っていない場合は要チェックです。考え直すことをおすすめします。

代理店のWEBサイトで個人情報や申し込み内容を記入してWEBで申し込みが可能です。代理店のWEBサイトで申し込み後に折り返し確認の電話が入りますので、詳細は電話で確認されます。ですから連絡の受けやすい電話番号を記載しておくと良いでしょう。

その確認の電話でキャッシュバックの振込先口座などを伝えれば後はホームゲートウェイが届くのをまって乗り換え完了です。

後戻りできない注意事項

光回線の利用がネットだけの場合は特に問題になりませんのでスルーして頂いても構いません。

フレッツ光でネットと光電話を利用している場合は要チェックです。特にフレッツ光で初めてひかり電話で電話番号を発番(発行)してもらった場合はソフトバンク光に電話も転用して利用する事が出来るのですが、ソフトバンク光が嫌になって他の光回線に変えたい!と思った瞬間に不都合が発生します。

現在はまだ光電話の番号(光電話で発行した番号)をMNP出来るシステムが無い為ソフトバンク光から先に同じ電話番号を引き継ぐことが出来なくなっています。

ですから光電話(光電話発番の番号)を重視した場合はソフトバンク光から光回線を変更する事が出来ません。

電話番号が変わっても良い場合は問題ありませんが、ソフトバンク光から例えば他の光コラボレーションの光回線に乗り換える場合は一度解約してから新規にといったかたちになります。フレッツ光に戻る方はいないと思いますが、同様です。

この先数年後にはMNP出来るようになると言われていますが、はやく整備して頂きたいものです。

このようなことも念頭において最終的に判断すると良いのではないでしょうか。こういった状況を知っていて乗り換えるのと、ソフトバンク光から他社回線に変える時に知るのでは大きく違います。

そんなの聞いてねーよってなる前に知っておきたいことですが、こんな説明多分どこもしていません。

転用で乗り換える際の参考になればと思います。

ありがとうございました。