ソフトバンク光速度

ソフトバンク光の回線速度が遅いなら確認すべきたった1つのポイント

ソフトバンク光が気になっているけど速度が遅いという噂を耳にしてちょっと不安になっていたり、実際工事が終わって使ってみると思っていたような速度が出なくて困っているという方もいるかもしれません。

結論からお伝えしますとソフトバンク光の通信速度は決して遅くないんです。必ず満足な結果を手に入れる事が出来ます。

通信速度を安定させてストレスフリーで使うには唯一ソフトバンク光の光BBユニットをレンタルする事にあります。

こちらの記事ではソフトバンク光の速度の要が光BBユニットを利用する事にある理由や光BBユニットを利用しているにもかかわらず思ったような通信環境を構築できていない場合の改善方法などを詳しくご紹介していますので参考にして頂ければと思います。

 

ソフトバンク光の速度について口コミや噂を検証

まずは実際にソフトバンク光を使っている方が通信速度についてどのような評価をしているのか口コミやネット上の噂を見ていきましょう。

ソフトバンク光の標準プランの最大通信速度は1Gbpsですが実際にはどれくらいの速度が出るものなんでしょうか。

 

最大速度の1Gbpsはあくまでも最大値

まず最初に断っておきたいのですがソフトバンク光は最大通信速度1Gbpsを掲げているものの、ほとんどの場合最高速度までは出ません。

あくまで最大速度でベストエフォート型サービスなのでそれ以下になることももちろんあるんですね。

ただ実際のところだいたい上りも下りも100Mbpsくらい出ていると動画を見たりダウンロードしたりするのにもストレスなく利用できます。

そして最大速度まではなかなか出にくいというのはソフトバンク光だけでなくどの光回線でも変わりませんよ。

 

夜間と休日に速度が落ちる傾向がある

光回線の通信速度の傾向として平日の昼間は速度が安定していても夜や休日に速度が急に遅くなることがあります。

それは夜や休日はネットを使う人が増えてそれにともない回線が混雑するのが一つの原因と考えられています。

ソフトバンク光は利用している人が特に多いフレッツ光の回線を利用しているので、他の独自回線を使っている光回線よりは混雑が起きやすいと考えられているのですね。

マンションでは特にこの傾向が強いのですが、それはマンションの場合マンションの共用設備に引きこんだ回線から各部屋に回線を分配しているために特に混雑しやすい構造となっています。

マンションだと各部屋への配線方法が光回線ではなくメタル線(VDSL)やLANケーブルを使っている場合はもともとの最大速度が1Gbpsより遅いためより速度が遅くなってしまいます。

混雑する時間帯にやや速度が落ちる傾向があると言っても、問題なく使えている人も多い事実もございます。

混雑に影響されやすい方とそうでない方がいるのにもじつは理由があるんですね。

 

ソフトバンク光の速度についての口コミ評価は両極端

ソフトバンク光の速度に関する口コミはネット上に溢れていて、Twitterで検索するだけでもかなりたくさん出てきます。

そしてその口コミを見てみると評価が両極端なんですよね。

悪い口コミは特に目立つのですが、だいたい以下のような内容です。

Left Caption
ソフトバンク光は遅すぎ 下り9.32Mbps 上り70.8Mbps
Left Caption
遅すぎてお金を払いたくない 下り1.76Mbps 上り10.5Mbps
Left Caption
1Mbpsも出てなくてびっくり 240Kbps

確かに下りの速度が10Mbpsも出ていないと流石にネットを使っていて相当ストレスになるはずです。

一方ソフトバンク光の速度に満足しているという声もちゃんとあるんですよね。

Left Caption
ソフトバンク光に乗り換えたら速度がかなり早くなった。 下り698.53Mbps 上り439.78Mbps
Left Caption
ソフトバンク光の速度を測ってみたら非常に速いと出た 下り348.75Mbps 上り419.94Mbps
Left Caption
ソフトバンク光快適に使えています 下り182.09Mbps 上り192.70Mbps

ソフトバンク光の悪い口コミと比べて速度が比べ物にならないくらい早いですよね。

速度が出ているところは回線が混雑していないんじゃないのと思うかもしれませんが、回線の混雑具合だけでこんなに速度は変わらないと考えられます。

実はこの速度の違いにははっきりした原因があるんです。

ここからその違いについて詳しく解説していきますよ。

 

ソフトバンク光の速度は光BBユニットで決まる

なぜソフトバンク光ユーザー(利用者)には

ソフトバンク光は早くて満足

遅すぎて困っている

という人が混在しているのでしょうか。

その秘密はソフトバンク光のあるオプションに隠されています。

 

速さの決め手は光BBユニットにあった!

ソフトバンク光BBユニット

ソフトバンク光の通信速度をしっかり出すには光BBユニットをレンタルすることがカギになります。

ソフトバンク光はオプションの光BBがなくてもNTTのホームゲートウェイだけでネットにはつながるので最初は光BBユニットを申し込まずに契約する人もいるのですが、そうすると満足な速度が出ない可能性が高くなるんですよ。

光BBユニットを使うのと使わないので一体何が変わるのかと言うと、接続方式が変わります。

インターネット
接続方式
光BBユニット+
NTTホームゲートウェイ
NTTホームゲートウェイだけ
IPv4
IPoE接続PPPoE接続
IPv6IPoE接続IPoE接続

 

速度に関する間違った認識

混同されやすい事としてIPv6だから通信速度速いというのは間違った認識でIPv6もIPv4もそもそもが速度に影響されません。

それはIPv4やIPv6といった規格はインターネット上の住所であるIPアドレスの規格の違いなのです。

IPv4は32bitで構成されたIPアドレスで 約43億 通りの住所が存在出来る事になります。全世界の人口一人一人に割り当てた場合では既に足りなくなっています。

IPv6は128bitで構成されたIPアドレスで 約340澗 通りのIPアドレスを利用出来ます。

澗なんて位は聞いたことがないかと思いますので例えますと世界の人口1人当たりにIPアドレスを1億や1兆割り当てたくらいではまだまだ余裕があると考えて頂ければと思います。途方もない数ですからIPアドレスが枯渇するとは考えられない次世代規格です。

インターネットを利用する人や繋げられる機器が増えたことでIPv4接続で発行できるIPアドレスがなくなってきたことからIPv6接続で新しいタイプのIPアドレスが発行されるようになりました。

 

IPoE接続やPPPoE接続の違い

IPOEPPPOE

PPPoE接続やIPoE接続という名前はなかなか聞きなれないかもしれませんが、簡単に言うとPPPoE接続はIDとパスワードによってインターネットに接続する方式でIPoE接続ではIDやパスワードの設定は不要となっています。

PPPoE接続は古い世代の接続方式でID,パスワードによる認証部分で混雑が発生しやすく大容量のインターネット送受信にはそもそもが不向きの方式となっています。

IPoE接続はネイティブ方式とも呼ばれPPPoE接続に比べて3倍から5倍程度同じ時間当たりのデータ転送量が大きいのが特徴です。

IPoE接続はIPv6規格でしかデータの送受信を行えないデメリットがあり、現在大部分を占めるIPv4規格上のWEBサイトの観覧などは行えませんでしたが、IPv4をIPv6に変換して送受信を行う事でIPv4規格でも高速通信を実現させているのです。

ソフトバンク光の光BBユニットが正にその役割を担っているのです。

注意

IPv6なら速度が速いと勘違いしてしまいますが、通信速度が影響されるのは接続方式であり、IPv6でもPPPoE接続の場合は速度に期待できません。

ソフトバンク光は光BBユニットによってIPoE接続を可能とし、高速通信を実現しています。

参考資料:https://www.nttpc.co.jp/column/network/pppoe_ipoe.html

 

光BBユニットのレンタルはおうち割光セットの必須条件

高速安定な通信をする為に必要なソフトバンク光の光BBユニットですが、IPv6高速ハイブリッドのためだけではなく、ホワイト光電話を利用する場合やおうち割光セットを利用する為にも必要な機器なんです。

光BBユニットレンタルのオプション料は月に467円です。

中にはオプションをつけないと満足いく通信速度が出ないのはなんだかなぁと感じた方もいるかもしれません。

おうち割光セットはソフトバンク光で人気のサービスの一つで、ソフトバンクのスマホを使っている場合家族全員分のスマホ月額料金から500円もしくは1,000円割引してもらえるというものです。

このおうち割光セットを適用するには光BBユニットレンタル、Wi-Fiマルチパック、固定電話サービスという3つのオプションに入るのが必須条件になっているんです。

この3つのオプションを普通に申し込むと合計で月に約2,000円ほどのオプション料金になるのですが、おうち割光セットに申し込む場合はセットで500円とぐんとお得になるんです。

月たった500円でIPv6高速ハイブリッドとWi-Fiそれに固定電話が利用できるのは嬉しいですね。

ソフトバンク光を高速でしかもお得に利用するにはスマホもソフトバンクにすることで最大限お得に利用出来るメリットがあります。

 

ソフトバンク光は光BBユニットが必須といっても過言ではない

現在まだ光BBユニットをレンタルしていなくて通信速度が遅くて困っているという方は、もちろん今からでもレンタルの申し込みは可能です。

My SoftBankから手続きできる他、ソフトバンクショップや「SoftBank 光」各種お手続きお問い合わせ窓口で問い合わせても良いでしょう。

「SoftBank 光」各種お手続きお問い合わせ窓口 0800-111-2009 年中無休10時から19時

これからソフトバンク光に申し込むという場合は加入と同時に光BBユニットに申し込んでしまうと後々の手間がはぶけるかもしれません。

ソフトバンクのスマホを使っていたりこれから乗り換えるつもりという方はおうち割光セットのためにも早めに申し込んでしまった方が良いかもしれません。

後から申し込むともし光BBユニットなしで通信速度が出ない場合、申込をしてから光BBユニットが自宅に届くまでずっとネットが繋がりにくいままになってしまいます。

開通初日から快適にネットを使いたいという場合は開通を待たずに最初から光BBユニットレンタルに申し込んでおいてくださいね。

memo

おうち割光セットを申し込む予定や、インターネットの速度を重視する場合、光BBユニットは必須となっています。

一部のサイトでは光BBユニットレンタルには約500円が必要でおうち割光セットでの割引が500円だけの場合は意味がないなんて書かれていますが、高速通信の為にも必要になってきますので、慎重に検討すると良いでしょう。

 

光BBユニットを利用中で速度が遅い場合の原因と対処方法

まれに光BBユニットを使っているにもかかわらず通信速度が遅いということも起こりえます。

でもその場合はきちんと解決方法があることがほとんどなんですよ。

ここでは考えられる原因とその対処方法をまとめていきたいと思います。

 

光BBユニットが旧型の場合は交換を

ソフトバンク光をずっと長く使っているという場合は光BBユニットの機種が古いのが原因で速度が安定しない可能性があります。

光BBユニットの仕様最大通信速度
E-WMTA2.1100Mbps
E-WMTA2.21Gbps
E-WMTA2.3
E-WMTA2.4

利用中の光BBユニットのラベルを確認してみて、もし機種がE-WMTA2.1になっていたら最大通信速度が100Mbpsまでしか出ないということになります。

光BBユニットの機種がE-WMTA2.1の場合は無料で最大通信速度が1Gbpsの機種に変更してもらえるので安心してください。

交換の申し込みもMy SoftBankからすることができますよ。

申し込みをすると在庫があれば1週間程度で新しい光BBユニットが届きますが、それを受け取るには配達に来てくれた人に今ご自宅にある光BBユニットをその場で引き取ってもらう必要があります。

段ボールなどに梱包してすぐに渡せるよう準備をしておくとスムーズです。

 

LANケーブルが古い場合はカテゴリ5e以上の規格が必要

LANケーブルカテゴリ

LANケーブルカテゴリ記載箇所

光BBユニットは最大通信速度が1Gbpsの機種だったという方は次にご使用のLANケーブルの規格をチェックしてみてください。

通信速度1Gbpsに対応しているのはCAT5e、CAT6、CAT6a、CAT7のうちのいずれかの規格になります。

もしCAT5かこれより数字が小さい規格のLANケーブルを使っているという方は、通信速度を上げるために買い替えを検討してくださいね。

 

ソフトバンク光の契約プランの確認

機器やケーブルに問題がない場合は、もしかするとご利用中のソフトバンク光のプランが1Gbpsより最大通信速度が遅いタイプなのかもしれません。

エリア設置場所回線タイプIPv4
IPV6ハイブリッド(IPv6 IPoE + IPv4)
東日本エリア戸建ファミリー・ギガスピード下り最大上り最大下り最大上り最大
1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps
ファミリー・ハイスピード200Mbps100Mbps1Gbps100Mbps
ファミリー100Mbps100Mbps100Mbps100Mbps
ファミリー・ライト100Mbps100Mbps100Mbps100Mbps
集合マンション・ギガスピード1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps
マンション・ハイスピード200Mbps100Mbps1Gbps100Mbps
マンション100Mbps100Mbps100Mbps100Mbps
西日本エリア戸建ファミリー・スーパーハイスピード1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps
ファミリー・ハイスピード200Mbps200Mbps1Gbps200Mbps
ファミリー100Mbps100Mbps100Mbps100Mbps
ファミリー・ライト100Mbps100Mbps100Mbps100Mbps
集合マンション・スーパーハイスピード1Gbps1Gbps1Gbps1Gbps
マンション・ハイスピード200Mbps200Mbps1Gbps200Mbps
マンション100Mbps100Mbps100Mbps100Mbps

ソフトバンク光で最大通信速度が1GbpsのプランはNTT東日本エリアだとファミリー・ギガ・スピードかマンション・ギガスピードでNTT西日本エリアだとファミリー・スーパーハイスピードかマンション・スーパーハイスピードです。

それ以外のプランは最大通信速度が100Mbpsから200Mbpsと遅くなっているんですね。

一番最後のマンションはお住まいの集合住宅の配線の関係で変更が難しいのですが、それ以外のプランをご利用の場合は最大通信速度が1Gbpsのプランに変更することを考えてみてくださいね。

ご利用中のプランについてはMy SoftBankから確認できるようになっていますよ。

 

Wi-Fiルーターが古い場合はIEEE802.11ac規格のものに変更

もしWi-Fiマルチパックではなくお手持ちのルーターでWi-Fiを利用している方は、ルーターの規格が古いために通信速度が出ないこともあります。

有線で繋ぐと早いのにWi-Fiで繋ぐと一気に遅くなるという方はルーターの問題である可能性が高くなりますね。

通信速度が最大で1Gbps出せるルーターの規格はIEEE802.11ac( Wi-Fi 5 )です。

これ以下の規格の場合はルーターを買い替えることも考えてくださいね。

Iphone11に対応するWi-Fi6の機器も利用可能ですが、リンク速度以上は出ません。

Wi-Fiで接続するのに欠かせないルーターですが、規格以外にも置き場所などのちょっとした原因で速度が落ちることもあります。

特にルーターの周りに物が多いと電波を遮って速度が遅くなることがあるので気を付けてくださいね。

またそれまで快適に使っていたのに急に速度が落ちたという場合はWi-Fiルーターの電源を一旦切ってからまた入れなおすと速度が復活することが多いです。

Wi-Fi規格

Wi-Fi 規格名新呼称最大通信速度周波数
IEEE 802.11axWi-Fi 6 WiFi69.6Gbps2.4GHz
5GHz
IEEE 802.11acWi-Fi 5 WiFi56.9Gbps5GHz
IEEE 802.11nWi-Fi 4 WiFi4600Mbps2.4GHz
5GHz
IEEE 802.11g54Mbps2.4GHz
IEEE 802.11b11Mbps2.4GHz
IEEE 802.11a54Mbps5GHz

 

パソコンやスマホがかなり古い場合は買い替えを検討してみる

実はインターネットの速度が出ない原因がパソコンやスマホなどの接続している機器にある場合があるんです。

パソコンなどは特に何年も使い続ける方も多いと思うのですが、あまりに旧型の場合LANポートが1Gbpsの速度に対応していないことがあります。

1Gbpsの速度を出すには1000BASE-Tの規格のLANポート(LANデバイス)が必要なのでお使いのパソコンをチェックしてみてくださいね。

スマホも例外ではなく、スマホで出せる最大通信速度が変わり1Gbps以下なことも少なくありません。

スマホでWi-Fiを快適に使いたいという場合は新しいWi-Fi規格に対応した機種への変更も考えてみてくださいね。

 

マンションでも光BBユニットが有効

ソフトバンク光をマンションで利用しているなら要確認です。

大多数のマンションではVDSL配線方式が採用されていますので、マンションでの規格上の最大速度は100Mbpsとなってしまいます。

この最大通信速度100Mbpsは光BBユニットをレンタルしてもしなくても変わりがないのです。

光BBユニットはオプションサービスで有料ですから単純に考えると光BBユニットは不要に感じますよね。

ソフトバンク光BBユニット

光BBユニットを利用しない場合は、現在の大多数を占めるIPv4規格の通信であればPPPoE接続になってしまい、ソフトバンク光設置後実際の速度には非常に期待しにくい、ハッキリ言って遅い結果となってしまいます。

光BBユニットをレンタルした場合はどうなるの?って話ですが、現在の大多数を占めるIPv4規格の通信はIPoE接続となり、試験結果から単純にPPPoE接続の3~5倍程度も通信速度の向上が見込めるのです。

光BBユニットをレンタルすることで、最大速度は100Mbpsと変わらないものの、接続方式がPPPoE接続からIPoE接続に変わり、速度テストででる数値以上の安定性や品質を感じる事が出来るのです。

memo

ソフトバンク光をマンションで利用しているなら陥りやすい、速度がでない、安定しない、品質が悪い事態として光BBユニットを利用していない事例が多くあります。

マンションタイプでもレンタル費用467円/月の光BBユニットを導入することで、IPoE接続を利用でき、速度測定テストの結果以上の安定性や品質を得る事が可能です。

マンションでソフトバンク光を利用しているなら検討してみると良いでしょう。

 

ソフトバンク光の通信速度を計測する簡単な方法

ここまで記事を読んでいただいて自宅のインターネットの通信速度はどうしたら確認できるものなのか不思議に思った方もいるかもしれません。

でも実は速度判定をしてくれるサイトやアプリがあり、それを利用することで誰でも簡単に速度測定することができるんですよ。

“スピードテスト”で検索すると色々なサイトが出てくるので、いくつか試してみてお気に入りのサイトを見つけてくださいね。

当サイトでも速度測定(スピードテスト)ツールを実装しています。

ソフトバンク光の実際の速度測定結果
ソフトバンク光速度測定結果

上り下りの回線スピードに加えて、Ping値やJitter値も計測可能ですので、回線速度向上のためにご活用頂ければと思います。

ソフトバンク光の教科書 スピードテスト

 

ソフトバンク光通信速度のまとめ

ソフトバンク光は光BBユニットをレンタルすることでIPoE接続による高速インターネットを楽しめます。

ソフトバンク光の光BBユニットのレンタルは、おうち割光セットを利用する為の必須オプションであり、おうち割光セットを適用する場合はオプション料が通常約2,000円/月程度が500円/月に割引されます。

光BBユニットをレンタルせずにソフトバンク光に申し込み、後々速度が出ずに光BBユニットのレンタル申し込むのであれば、ソフトバンク光の加入と同時にオプションパックにも申し込むと良いのでは?と思います。

またソフトバンク光の速度が遅い場合お使いの光BBユニットが旧型だったりルーターやパソコンなどのご自宅にある機器が高速接続に対応していないということも考えられます。

ソフトバンク光で思ったスピードが出ずに困っているという方は、一度機器もチェックしてみてくださいね。

ソフトバンク光はIPV6ハイブリッド(光BBユニット)を利用する事でホームタイプ、マンションタイプ問わず高速で高品質な通信を実現できます。

必ず満足な結果を得られるかと思いますので、速度が出なくて悩んでいるならお伝えしましたポイントを順番に整理し改善に役立てて頂ければと思います。

私はソフトバンク光を実際に利用していますが、これまでの所速度について何の問題もなく快適に利用する事が出来ています。

ソフトバンク光の申し込みはインターネットから代理店経由で申し込む事でキャッシュバックがもらえてかなりお得になります。

ただ悪質な代理店も多く存在するのも事実でそういった代理店から申し込んだ場合は最悪キャッシュバックがもらえない事になってしまいます。

申し込む際には安心できる代理店を選ぶと良いでしょう。


こちらのページを参照して頂きましてありがとうございます。
あなたが必要としている情報は見つかりましたか?

必要な情報を取得できた 必要としているいる情報が無かった どちらとも言えない その他 


お寄せいただいた情報をもとにページの改善に取り組んでいます。

返信が必要なお問い合わせはこちら

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy andTerms of Service apply.